金子あゆみさん/自分の心の声に耳を傾けていったらマレーシアに出会えました。~世界へ飛び出そう~

03

自分の心の声に耳を傾ければ、世界は広がっていきます

 

マレーシアに降り立った時の第一印象はいかがでしたか?また仕事はどういったことをされてるんですか?

全然バリ島とは違い、町が想像以上に発展しており、雰囲気が良くてびっくりしました。
仕事内容は、プラスチックの食品パッケージを海外に輸出する業務でした。
おもにお寿司のパッケージが中心です。
他にはコンビニなどで使われているような持ち帰り用のお弁当の容器でした。
海外営業で海外出張が沢山あるというお話だったので、今まで旅行会社で働いていて自分は旅行にあまり出られない立場だったので、今度は自分が外へ出かける立場になってみるのも面白そうだと思ったんです。
出張では実際、バンコクやシンガポールやスペインに行ったりしました。
海外営業の仕事をしているうちに、現在の社長が、レストランを開くのが夢だったということで、マレーシアに「天」という高級日本食レストランを開いたんです。
又、会社がお酒の輸入ライセンスを取得して、「天」に卸すお酒を輸入し始め、そのうちに食材の輸入も始めました。
だんだんそちらのビジネスが大きくなってきたので、パッケージの会社から会社を分けてDokaという会社ができました。
Dokaでは、主に日本の食料品を輸入し、マレーシアのレストランやスーパーに卸したり、マレーシアから資材などを海外に輸出したりしています。
初めはパッケージの海外営業と、Dokaの輸入業務を兼業していたんですが、Dokaの仕事の比重が増えてきたので、今年の4月に正式にDokaに配属されることになりました。
やりがいはありますね。
マレーシアでは食料品の輸入は厳しく食料品ごとにライセンスが必要で、手続きがとても複雑なんです。
いかに輸入するかに最近やりがいを感じています。

マレーシアでのプライベートタイムはいかがでしょうか?

すごく楽しいですよ!
自宅の近くにチャンカット通りというバーが200メートルほど並んでいる通りがあるので友達と良く飲みに行ったりしています。
またやっぱり旅行が大好きなので、休みがあると、マレーシア国内の島々やタイやカンボジアなど東南アジア近隣諸国に旅行に出かけたりもします。
あんなに嫌いだったバリ島なのに、観光客になると違うみたいで、今では1年に4回ほどバリ島に旅行に行ったりもしてます。

仕事で大切にしようと心掛けていることはなんですか?

現在の社長が言っていた言葉です。
「商品についての知識を深めることはもちろん大切だが、人との繋がりがすごく大事。」
現在の仕事上、人と会う機会が多いだけにより意識しています。
何がどこでどう繋がるかは分からないじゃないですか。
だから人との繋がりは特に大事にしていきたいと思っています。

金子さんの今後の夢は何ですか?

今は特に深く考えてはいませんが、今あるマレーシアでの仕事に打ち込んで、色々な経験を重ねていきたいと思っています。
マレーシアは本当に住みやすくいい場所なので、しばらく離れるつもりはありませんね。

今後マレーシアに来られる方にメッセージをいただけますでしょうか?

そうですね、現在、就職先は日本だけとは限らないと思うんです。
就職先の選択肢の中に海外があっても普通だと思います。
ただ現実は海外へ早い段階から目を向け、実際に動ている方はごく一部。
日本人だけの枠に捉えられてしまうことが一番もったいないことだと思うんです。
だからもっと色々な国の方々と交流をして、自分の世界を広げていったらいいんじゃないかと思うんです。
また今海外に住んでて、特にコミュニケーション能力が大切だと感じています。
日本から来られた駐在員の方々は英語が話せなかったりして、日本人だけで固まってしまうケースが散見されるんです。
それではせっかく海外にいるのにもったいない。
でもコミュニケーション能力で大切なことは、決して言語能力だけではなくて、話しかけようという意思のほうが大切だと思うんです。
そうすれば色々な世界が開けてくると思います。
マレーシアでお待ちしています!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>