金子あゆみさん/自分の心の声に耳を傾けていったらマレーシアに出会えました。~世界へ飛び出そう~

02

そこがどんな環境でも、まず足を一歩前に出してみるんです

 

インドネシア・バリ島ではどのような仕事を経験されたのですか?

仕事の内容は、インターネット経由でバリ島のホテルやツアーやスパを予約される方の予約手配と、現地に到着されてからの日本人のお客様の対応でした。
またウェディングでいらっしゃるお客様の旅行のコーディネートや、オプショナルツアーを企画し、新しいツアーを作ったりもしていました。
それから、日本からガイドブックの執筆の仕事も来ており、実際にレストランの取材をして日本に原稿を送っていました。

インドネシアでも仕事が充実されていたみたいですね

仕事は大変充実していました。
しかし、バリ島での仕事が決まった時に、実は私はバリ島に行ったことがなく、ハワイのような場所かと思って行ってみたら、全然雰囲気が違って「失敗した」と思いました(笑)。
ホテルを含めて観光客のいるところは綺麗なのですが、少し郊外に行くと日本やオーストラリアと比べて生活水準ががぐんと下がってしまうんです。
シャワーもお湯ではなく冷たい水なんです。びっくりです!
でも、物価は安いので旅行で行くにはお勧めですよ!
初めの1年は本当に、帰りたいという思いばかりだったのですが、最低2年は頑張ろうと思っていました。
次に他の海外で働く際に、中途半端に辞めては不利だと思ったので。
1年を過ぎたあたりから、バリ島で働いている他の日本人の方々と仲良くなり、次第に生活が楽しくなってきました。
でも最終的にはやはり、東南アジアは自分には合わないと思い、カナダへまたワーキングホリデーに行こうと思っていたんです。
そこで、会社を退職する際に仕事で御世話になったお客様へ退職のご挨拶のメールを送ったところ、日本人でうちの会社を使ってくださっていたお客様の社長さまが、自分のインドネシアでの接客や対応を褒めて頂き、マレーシアの社長で人を探してる人がいるので、行ってみないか?という情報をくださったんです。
インドネシアとマレーシアは隣の国なので、あまり文化は変わらないと思い、はじめ乗り気ではなかったのですが、面接に来てくださいとおっしゃっていただき、とりあえず面接に足を進めてみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>